大阪で眼瞼下垂の治療を受ける

体の不調が格段に良くなった

体の不調が格段に良くなった : 治療を受けて本当に満足しています

元々二重まぶたが重そうな目元をしており、視力などには特に問題がないことからそのまま放置していたのですが、眼科で検診を受けた際に「眼瞼下垂」の可能性が高く、眼瞼下垂は保険診療で治療を受けることが出来るので形成外科などで相談をすると良いと教えてもらい、大阪にある形成外科で治療を受けることに決めました。
眼瞼下垂は上眼瞼が垂れ込む状態を指しており、多くは後天性で起こるもので多くは老化による挙筋腱膜の機能が低下してしまうことが原因だと知りました。
眼瞼下垂をそのまま放置してしまうと視覚に影響を与えてしまうだけではなく、まぶたが常に下がっている状態になるので、目元が暗い印象になってしまう原因になるので、少しでもパッチリとした目元を手に入れたいと思い、垂れてしまっている挙筋腱膜を短縮させることで改善させる治療を受けることになりました。
一般的にこの眼瞼下垂の治療は、切開式二重まぶたの手術の際にまぶたが垂れ気味な患者に対して、同時に挙筋腱膜短縮術を行い目の開きをはっきりさせる場合に行われます。
二重まぶたの治療の場合は保険診療が利用することが出来ませんが、この症状がある場合は、挙筋腱膜短縮術は保険診療が適用となるので安心して施術が受けられました。
この施術を受けて本当に良かったと感じているのが、今までまぶたが垂れてしまっている状態だと頚を後屈しやすく、姿勢が悪いことで眼精疲労や肩こりといった体の不調が悩みの一つでした。
しかし施術を受けて症状が改善してからは、慢性的な体の不調が格段に良くなったことです。